スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How To Hunt Boss 2

Boss狩りの有名な2つの方法、アンクルとIWSPPについて。
予備知識から含めてまとめます。知っておくとBoss狩りするときに便利!

2回目は取り巻きAIについての話。
MVPBossにはみんな取り巻きがいるので、まずは取り巻き関係の話から。
取り巻きは従属型と独立型という2種類のAIのどちらかに分かれてます。

①従属型:BossがターゲットしたPCに攻撃
大体のBossの取り巻きは本体(MVPBoss)がPCをターゲットしない限りノンアクティブな状態にあります。超兄貴の取り巻きハイオークや、データルの取り巻きハイドラ&その取り巻きのペロス,オシドス、これらが硬直して何もしないのを見たことがあるのではないかと。これらのmobはすべて従属タイプであるため、本体がPCをターゲットしない限りは何もしないのです。

②独立型:BossがPCをターゲットしていなくても攻撃
対して独立型というのは、本体がPCを発見していなくとも、勝手にPCを攻撃しにくるタイプ。アトロスの取り巻きガリオンやヒバムの取り巻きバンシーなんかはPCを発見すると一人で攻撃しにやってきます。

ここで従属型の特性を利用した狩り例として、ハイドラなんかでは特によく使われる「取り巻き分離方法」について説明します。(以下、A:火力/B:HiPriとする)
この取り巻き分離方法の優れている点は、取り巻きと本体のターゲットを別にできること。ハイドラで言うと、Aがハイドラ、Bがペロス・オシドスのターゲットを貰う、といったカンジ。
ではなぜこんなことができるのか。ポイントは最初のターゲット。コレをBが貰うと、本体・取り巻き両方がBに向かっていきます。そして本体だけをAに移す。そうすると、本体のターゲットは"リセット(詳細後述)"されるのではなく"変更"されます。リセットと変更の意味が違うことに注意。リセットは一旦ターゲットを解除、つまりidleの状態になってからターゲットをまた発見することを言い、変更はChasing/Attackingのままターゲットが変わること。取り巻きのターゲットはリセットされない限り同じPCに向かっていくため、ハイドラをAに移しつつ、取り巻きのターゲットを保つことができるのです。
もちろん従属タイプのBossならすべてこの方法を利用することができます。


*取り巻きリセットについて
キチンと述べると、本体をidleの状態にしつつ、取り巻きのターゲットをリセットすること。
スナイパーソロ狩りなんかでは必須の知識。取り巻きリセット法に関してはハイド/サンドマン(睡眠)/FT(凍結)/スキッド/リカバリー/アンクルなど。
ちなみに僕はハイドとスキッドをよく使います。このふたつは瞬時に使えるので便利。
動画でも載せられればよくわかるんですけど、いかんせんノートPCなので無理でした。
スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。